ヒルドイド

皮膚科医もオススメするニキビ跡ケアが出来るヒルドイド

ニキビができてしまうと、腫れや痛みがとれた後でもその部分がニキビ跡として残ってしまうことがあります。
ニキビを綺麗に治すことは簡単そうに見えて難しいものです。

 

皮膚科などでも効果があると言われて人気があるのが、ヒルドイドという薬です。
ヒルドイドの主な効能は、皮膚の水分を保たせることです。
主成分はヘパリンという血液が固まるのを助けてくれる作用を行う物質に似たもので、ニキビ跡ケア以外にもアトピー性皮膚炎やしもやけにも効果が期待出来ます。

 

ワセリンのように肌表面に油の膜を張って水分蒸発を抑えるのではなく、皮膚呼吸をさせながら自らが保湿の役割を果たしてくれるのでニキビ跡ケアに効果的です。

 

肌の水分が足りなくなると角栓が落ちてそれが毛穴を塞いだり、ターンオーバーが正常に行われなくなります。
それを正常化させるためには保湿力のある薬を使うのが効果的です。

 

特に効果が感じられるのは、乾燥肌の人です。大人ニキビは思春期(11〜17歳頃)ニキビよりも乾燥肌によってニキビ跡が残ってしまう人が多いです。
特に大人ニキビの人、普段から乾燥肌気味の人には効果的でしょう。

 

薬の形状は主に3種類あり、ローションタイプ・ソフト軟膏タイプ・クリームタイプ、があります。
ニキビ跡ケアとして使うには、個人差はあるでしょうがローションタイプが使いやすいかもしれません。